バトン知識
バトントワリングとは?
バトンの効果・将来について
バトントワリングQ&A
バトントワリング 競技について

稲垣正司さんブログ
高橋典子さんブログ
佐々木敏道さんブログ
渡辺翔史さんブログ
河津修一さんブログ
高見亜梨彩選手ブログ

先生の胸キュン日記
おりがみとバトンと私

独占取材
トワラーズ 最前線インタビュー
きらり通信
全国のバトンクラブを紹介
バトンネット メルマガ登録
投稿募集
大会イベント情報
ウィズ・バトン リンクについて
キッズドアスタイル
バトンリンク集
日本スポーツバトン協会
日本マーチングバンド
・バトントワーリング協会

オサムバトン&
バンドカンパニー


田中 穂香(たなかほのか)
マリ・バトンスクール
年齢:14歳
バトン歴:7年
将来の夢は人に何かを伝える仕事に就くことです。

バトンを始めたきっかけを教えてください。

初めはバレエを習いたくて、バレエ教室を見に行ったのですが、たまたまその隣でバトンをやっているのを見て「これ楽しそう!やってみたい!」と思ったのがきっかけです。

バトンをしていて良かったと思うことは?

バトンを始めたことで打ち込むものができたということ、そして同じ目標に向かって頑張る仲間ができたことです。
そして私が頑張ることによって、家族や周りの人が喜んでくれた時もバトンをしていてよかったなと思います。

逆に辛かったこと、苦労したことは?

個人の練習や大会で思うようにいかなかったときももちろん辛いし悔しいのですが、チームがまとまらなかったり、練習や大会で迷惑をかけてしまったときが一番辛くて悔しく思います。
後は仕方がないことなのですが、友達と遊んだり、家族と過ごせる時間が少ないのもちょっと辛いなぁと思う事があります(^^;)

 

バトンの魅力

自分の目標や課題が達成できたときの喜びや達成感を味わえること。
そしてその目標や課題にプラスして、また新しい目標・課題に向かって頑張れることです。

今一番とりくんでいる練習を教えてください

トリプルイリュージョンやダブルイリュージョンのブラインドキャッチなどのエーリアル、ロールは今練習しているドロップインやモンスターに加えてもっと中身の濃いルーティーンにしていけるように練習しています。そしてもっとスピードのあるコンタクトやロールができるように練習中です。

大会での記録

第33回全日本バトントワリング選手権関西大会
ダンストワール小学校の部第1位(小学校6年生)
第33回全日本バトントワリング選手権第6位
第34回全日本バトントワリング選手権関西大会
ダンストワール中学校の部第2位(中学校1年生)
第34回全日本バトントワリング選手権出場

大会に出場した時の感想

何度大会に出場しても緊張しないことはありませんが、たとえ出来が悪くても本番はいつも楽しいです。

将来の夢を聞かせてください。

人に何かを伝える仕事ができたらなぁと思います。

≪生徒の成長≫コーチ 高見亜梨彩

習い始めた頃から、先生の言うことをよく聞き、よく見て、お家でもしっかり練習してくる頑張り屋さんです。
年齢の成長と共に、一回一回の練習や本番当日の臨み方、そして本番後の演技の自己分析までが自分できちんとできるようになり、毎回の経験を活かして次へ繋げようという気持ちもでてきています。
年数、回数を重ねることで技術が成長していくと同時に、精神面でも、マイペースなところもうまく作用しながら成長していっている選手だと思います。

ウィズ・バトンからのお知らせ

コーチの高見亜梨彩さんは、現在シルクドゥソレイユより招聘され、ラスベガスでの「KA」に出演されています。お忙しい中、遠方からインタビューにご協力いただきましてありがとうございました。

今回取材した教室の詳細

マリ・バトンスクール

住所 大阪府大阪市、兵庫県神戸市、京都府京都市
電話 06-6774-5066
メールアドレス info@maribaton.com
URL http://www.maribaton.com

 

No13

en l‘air
(アンレール)

No12

三宮花菜子さん
山野友歌さん

洋光台バトン

No11

山田 悠乃さん
東海大学湘南バトントワリングチーム

No10

田中 穂香さん
マリ・バトンスクール

No9

福田 美由紀さん
京都バトン研究会分校フェニックス

No7

畑理夏さん
畑沙弥夏さん

佐藤えつ子バトンスタジオ

No6

恩田 梨央さん
Y's バトンスタジオ

No5
蜂谷りりさん
clear・Baton
No4
芳賀 真里奈さん
FICS・M所属
No3
小島汐音さん
VAバトンチーム所属
No2
杉田 まりあさん
ゆかバトンスクール所属
No1
金井 柊太さん
ゆかバトンスクール所属