バトン知識
バトントワリングとは?
バトンの効果・将来について
バトントワリングQ&A
バトントワリング 競技について

稲垣正司さんブログ
高橋典子さんブログ
佐々木敏道さんブログ
渡辺翔史さんブログ
河津修一さんブログ
高見亜梨彩選手ブログ

先生の胸キュン日記
おりがみとバトンと私

独占取材
トワラーズ 最前線インタビュー
きらり通信
全国のバトンクラブを紹介
バトンネット メルマガ登録
投稿募集
大会イベント情報
ウィズ・バトン リンクについて
キッズドアスタイル
バトンリンク集
日本スポーツバトン協会
日本マーチングバンド
・バトントワーリング協会

オサムバトン&
バンドカンパニー


プロフィール

北田有加 (きただ ゆか)

所属 水野啓子バトンスクール

バトン以外にジャズダンス・モダンダンス・バレエのレッスンを受け、表現力を強化し大会に挑んだ北田さんにお話を伺いました。

バトンを習い始めたきっかけは?

小さい時から音楽が流れると自然と体が動いてしまうような子どもでした。その様子を見ていた親がスタジオへ連れていってくれました。

そこでたまたまバトンをやっていました。それがバトンをはじめたきっかけです。

 

何歳から始めましたか?
小学2年生から始めました。
3歳4歳から始めている子が多いので、私が始めたのは遅いですね。
だからでしょうか、体が硬いです。

なぜ長く続けることができたのですか?
常に、次のこと、次のことと、夢・目標が持てた。だから夢中になれたのかな。バトンの世界は、すごく広いし、奥が深いなあと思います。

 

大会ではすばらしい成績を残されていますが、なにか特別な練習方法があるのですか?
私はダンストワールが得意。バトンではなく、ダンスのレッスンを増やしています。ジャズダンスだったり、モダンダンスだったり、バレーはもちろん。

バトンを持たなくても動きだけで見せられるように、最近はダンスのジャンルを結構色々とやっています。

 

去年の全国大会で優勝されてからモチベーションをあげるのが大変だったと思いますが、この1年間、どういった目標をもってこられましたか?
ダンスのレッスンを増やしたというのがこの1年で頑張ったことです。
自分では昨年のグランプリ戦の演技が満足できていない状態で、ダンストワールをやるからには本格的なダンサーが見ても認められるようなものにしたかった。バトンで動きが制限されている部分というのが自分の中にあって、バトントワリングだからもちろん制限される所はあるのだけど、踊りながらバトンをいかに上手に使えるかという所、ダンスを磨くという所をこの1年間すごく頑張りました。

 

北田選手は小さいお子さんの指導もされているようですが。
3歳から中学生くらいまでのキッズやビギナーを中心に教えています。


小さいお子さんには、どのような思いで指導されていますか?
バトンの楽しさをまず伝えられたらといつも思っています。

 

自分のレッスンに加え指導となると、プライベートの時間はありますか?
バトンでいっぱいいっぱいです。
週1回月曜日には休むようにしたいのですが、こちらの教室だけでなく、大学のバトン部や小学校の部活動の指導にも行ったりするので月に2回休めたらいいほうかなという感じ。
でもバトンはそれだけ魅力的です。


北田選手の毎日のスケジュールを教えてください。
自分の練習と指導、スケジュールをたてるのは結構難しいですね。
例えば今日(木曜日)だったらキッズのクラスをしてから自分のレッスン。
土曜日はキッズ、ジュニア、シニア(ビギナー)の3つのレッスンの後に自分のレッスン。
日曜は朝から夕方まで指導をしていて、最後夜の3時間は自分のレッスンといったスケジュールです。

ご自分のレッスン時間はどれくらいですか?
1日3時間。週5回は自分の練習をしています。
日によりますが、少なくても1日に2時間は練習するようにしています。

提供 日本スポーツバトン協会

北田有加さんの大会成績

<関西バトントワリング選手権大会>
1999年 ダンストワール  中学校の部        第1位
2001年 ダンストワール  高等学校の部       第1位
2002年 ダンストワール  大学・一般の部      第1位
2003年 ダンストワール  大学・一般の部      第1位
2004年 ダンストワール  大学・一般の部      第1位
2005年 ダンストワール  大学・一般の部      第1位
2006年 ダンストワール  大学・一般の部      第1位
2007年 ダンストワール  大学・一般の部      第1位
2008年 ダンストワール  大学・一般の部      第1位

<全日本バトントワリング選手権大会>
2001年 ダンストワール  高等学校の部       第1位
2002年 ダンストワール  高等学校の部       第1位
2003年 ダンストワール  グランドチャンピオン
2004年 ダンストワール  大学・一般の部      第2位
2005年 ダンストワール  大学・一般の部      第2位
2006年 ダンストワール  大学・一般の部      第2位
2007年 ダンストワール  大学・一般の部      第2位
2008年 ダンストワール  グランドチャンピオン
2009年 ダンストワール  グランドチャンピオン

<WBTFインターナショナルカップ>
2005年 ソロトワール    アダルトの部     第5位 <アメリカ>
2006年 ソロトワール    アダルトの部     第6位 <イタリア>
2007年 ソロトワール    アダルトの部     第4位 <カナダ>
2008年 ソロトワール    アダルトの部     第4位 <アイルランド>

バトンが嫌になった事や挫折をしたことはありませんでしたか?
もういやだ!と思ったことはあります。

 

それはどんな時ですか?
本番でいい演技ができなかった時、自分で限界かなぁ〜と思う事がありました。 世間の技のレベルはとても高いです。でも私はバトンの力が弱い。もっとチャレンジするべきと思う一方で気持ちを上手くコントロールできず、こんな気持ちでバトンをやっていていいのだろうかと・・・。
でもそれでレッスンを休むということはありませんでした。

 

どうやって気持ちをきりかえたのですか?
先生から、褒めて伸ばしてもらいました。自分にしか出せない個性を自信を持って出せたらそれでいいと。そこで自信が持てました。
ダンスとか人とは違う自分にしかだせない部分を磨いていこうと思えました。腰を痛めたのでイリュージョンは体に負担がかかり、練習をすればするほどモチベーションが下がってしまいます。

自分が一番気持ちよくできるもの、それがダンストワールでした。

大会が終わった後の目標は?

6月に関西で初心者のコンテストがあるので、今度は指導の方を頑張らなければ。

将来の夢は?

もっとたくさんの人にバトンを知ってもらいたいです。
バレエやフィギュアスケートみたいに、一般のお客さんがバトンを見にくるということはあまりありません。いつでも舞台でバトンのステージをやっているとかそういう場があれば、自分もそういった舞台に出たいし、一般の人に見てもらいたいです。
今では高橋典子さんや稲垣正司とか、泉春花など外に出てバトンを広めてくれているのがとてもうれしいです。自分もそういうふうになれたら理想だなと思います。バトンを広めていける方向に行けたら素敵です。

スタジオフェアレディ 水野啓子バトンスクール

No16

渡辺翔史さん
立命館大学立命館バトンチーム

No15

田中有紗さん
バトンスタジオ WIZ

No14

齋藤真菜さん
フェアリーズバトンスタジオ

No13

上田あかねさん
杉浦紀子バトンスタジオ

No12

大上和博さん
PL東兵庫MBA

No11

中村麻美さん
長沢裕美子バトンスタジオ

No10

小林綾香さん
高橋美樹子Baton Place

No9

小原弥生/市村美緒ペア
NYグースバトン
トワリングクラブ

No8

白川 義丸さん
大越多美子バトンスタジオ

No7

新宮有香子さん
バトンスタジオA&B

No6

北田 有加さん
水野啓子バトンスクール

No5

本郷 爽花さん
MAKUHARIミルキートワラーズ

No4

駒田 圭佑さん
自由が丘バトンクラブ
No3
河津 修一さん
水野啓子バトンスクール
受賞チームインタビュー

第36回マーチングバンド・バトントワリング全国大会


グランプリ・内閣総理大臣杯
立命館大学バトンチーム

No2
橘 千春さん
TEAM21所属
No1
田中 沙理さん
YSYバトンチーム所属